沖縄を1泊2日で満喫するモデルコース!効率良く名所を巡るプラン

古宇利島の空撮イメージ

週末に気軽に行ける南国リゾートとして通年で人気の「沖縄」。美しいビーチはもちろん、絶品の沖縄グルメや琉球文化を学べる施設など見どころ満載です。そんな沖縄を1泊2日で満喫できるモデルプランをご紹介します!

【1日目モデルコース】人気スポットを巡るプラン

1日目は沖縄本島の王道観光スポットを訪れてみましょう。午前中に到着すれば、1日でたくさんの観光スポットを巡ることができます。

「道の駅」許田(きょだ)やんばる物産センター

沖縄本島北部エリアのやんばる地域に位置する「道の駅」許田やんばる物産センターは、沖縄県初の道の駅としても有名で、毎年多くの旅行者が訪れます。豊かな自然が多いやんばる地域ならではの新鮮野菜や特産品などを購入することができ、生産者のこだわりが詰まった逸品はお土産にもぴったりです。

道の駅でのお楽しみ、ご当地グルメも欠かせません。本格的な鉄板焼きステーキやタコス、沖縄そばなど沖縄のソウルフードはどれもボリューム満点です。食後や小腹が空いたときにはサーターアンダギー、黒糖などを用いたスイーツも多くあるので沖縄の食文化をまんべんなく堪能できます。

道を挟んで向かいの「道路情報ターミナル」にはトイレ施設だけでなく、和室仕様の仮眠室、無料で利用できるラウンジも設けられており、旅の休憩にも最適です。さらに「道の駅」許田やんばる物産センターでは、沖縄美ら海水族館をはじめとする主要観光施設の割引チケットを販売しています。まず先に立ち寄るのがおすすめです!

【「道の駅」許田やんばる物産センターの基本情報】
アクセス:那覇空港から車で約1時間
住所:沖縄県名護市許田17-1
TEL:0980-54-0880
営業時間:8:30〜19:00

古宇利島こうりじま

沖縄といえばやはりきれいなビーチでの海水浴! 沖縄本島北部にある、広大な海に囲まれた小さな離島・古宇利島は、2005年に隣の屋我地島(やがじしま)との間に古宇利大橋が開通しアクセスも便利になりました。橋を渡る際には真っ青な海の間を車で走り抜けることができ、この絶景をひと目見ようと毎年多くの旅行者が訪れます。

島の入り口付近に広がる古宇利ビーチでは、海水浴はもちろんシュノーケリングを楽しんだり、サンゴ礁をのぞいたりすることができます。マリングッズのレンタルやシャワー、トイレ、駐車場の施設が充実しており、観光客に人気のビーチです。夕暮れにはきれいな夕日が見えるので、日が沈むまでゆったりと海水浴を楽しむのもいいでしょう。

古宇利島では昔ながらの古民家やさとうきび畑など、のどかな自然の中をレンタサイクルで散策するのも人気の過ごし方のひとつです。古宇利島を一望できるカフェやレストランなどの飲食店、ゲストハウスでのんびりと穏やかな時間を過ごすのもおすすめです。

【古宇利島の基本情報】
アクセス:那覇空港から車で約1時間30分
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利 古宇利島

沖縄美ら海 (ちゅらうみ )水族館 

写真提供:国営沖縄記念公園(海洋博公園):沖縄美ら海水族館

観光スポットの多い沖縄県で屈指の人気を誇る沖縄美ら海水族館。毎年300万人以上の来館者が訪れる、日本を代表する水族館です。時期によっては平日でも混み合うことがあるほどで、訪れる際にはショーやプログラムの時間を事前に確認して効率よく回りましょう。

沖縄美ら海水族館の魅力はなんといっても沖縄の海を丸ごと体感できること。魚類最大のジンベエザエや、世界初の繁殖に成功したナンヨウマンタが観察できる大迫力の巨大水槽「黒潮の海」は、まさに圧巻です。まるで海の中にいるような、生き物たちの雄大な世界を感じられるでしょう。館内には、水槽を泳ぐ生き物たちを間近に見ながら軽食を楽しめるカフェもあるので、ダイナミックな世界に囲まれながら非日常体験を味わうことができます。水槽近くの席は人気なので早めに座席を確保しましょう。
また、夕方以降に訪れる場合には「4時からチケット」を利用すると、入館料が割引になります。

【沖縄美ら海水族館の基本情報】
アクセス:那覇空港から車で約2時間(高速道路利用)
     バスで約2時間30分(乗り換えなし高速バス利用)
住所:沖縄県国頭郡本部町石川424(海洋博公園内)
TEL:0980-48-3748
営業時間:通常期(10〜2月)8:30〜18:30(最終入館17:30)
     夏期(3〜9月)8:30〜20:00(最終入館19:00)
休園日:12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
料金:大人1,880円、中人(高校生)1,250円、小人(小・中学生)620円、6歳未満 無料

恩納村( おんなそん

恩納村は沖縄本島の西海岸中心部に位置する沖縄屈指のビーチリゾートエリアです。沖縄県の天然記念物に指定されている万座毛や青の洞窟で有名な真栄田岬(まえだみさき)など、人気観光地が多く点在している恩納村は那覇空港や沖縄美ら海水族館からもアクセスしやすい便利な立地も魅力。空港からは恩納村に向けて路線バスが運行しており、県内各地からスムーズにアクセスできます。

恩納村には、美しい東シナ海の西海岸沿いを走る国道58号線に沿って、外資系のリゾートホテルやコンドミニアムなど様々な宿泊施設が勢ぞろい。多彩な種類のプール付き、天然温泉付き、絶景オーシャンビュー……など、贅沢な時間を過ごせるホテルが数多くあります。エステやスパなど選べるプランも充実。開放的なリゾート空間で心も身体もリフレッシュしましょう。

【2日目モデルコース】ショッピングやグルメも楽しむプラン

2日目は沖縄のカルチャーや歴史を体感しながら、グルメやショッピングも楽しむ欲ばりコースをご紹介します。国際通りでショッピングを楽しんだ後、瀬長島ウミカジテラスでひと休みしてから空港に行くのがおすすめです。

美浜(みはま)アメリカンビレッジ

アメリカの文化を強く受けている沖縄では、日本にいながら異国文化を味わうことができるのも魅力のひとつです。美浜アメリカンビレッジは、米軍の基地跡を利用した複合リゾートタウン。大きな観覧車が目印で、その名の通りアメリカンな雰囲気漂う商業施設が立ち並びます。外観がおしゃれなショップや絶品グルメ、まるで映画のセットのようなカラフルな街並みは写真映えすること間違いなし。異国情緒あふれる空間は、日本人観光客はもちろん、外国人にも大人気です。

美浜アメリカンビレッジの中は複数のエリアに分かれており、人気のアミューズメント施設やショップ、レストラン、映画館やライブハウスなど、子供から大人まで楽しめるスポットとして昼夜問わずにぎわいを見せています。パーク内では大道芸人やパフォーマーによるストリートライブが行われ、夕方には海沿いに美しいサンセットも堪能できるなど見どころ満載。アメリカンなグッズをゲットするもよし、ビーチを眺めながら沖縄フードを楽しむのもよし、沖縄ならではの雰囲気を存分に満喫しましょう。

【美浜アメリカンビレッジの基本情報】
アクセス:那覇空港から車で約45分
住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜9-1
TEL:098-926-4455(北谷町観光情報センター)
営業時間:店舗により異なる

おきなわワールド

おきなわワールドは、沖縄の自然と文化、歴史を感じながら楽しむことができる県内最大級の観光テーマパークです。築100年以上経た古民家を数棟移築し、昔の沖縄の町並みを再現した琉球王国城下町や、爬虫類の展示、ハブのショーも行うハブ博物公園など、ここでしか味わうことのできない体験はきっと旅のいい思い出になるでしょう。

国内最大級といわれる天然記念物の玉泉洞は全長5,000m。現在は890mを公開し、残りのエリアは研究用として保存されています。国内最多とされる鍾乳石の数は100万本以上で、年間100万人が訪れる鍾乳洞は東洋で最も美しいと言われているほど。

琉球王国城下町では、伝統工芸の実演や、体験教室を開催。まるで首里城の城下町へ迷い込んだかのようなタイムスリップ気分が味わえます。訪れた記念に工芸品を作ってみてはいかがでしょうか。

また、毎日公演されているスーパーエイサーは沖縄の伝統芸能エイサーをはじめ、アンガマや四つ竹などが一同に楽しめる人気のパフォーマンスです。まるで生きているかのような獅子舞や、迫力のある演舞は必見。沖縄の伝統文化を肌で感じることができます。

【おきなわワールドの基本情報】
アクセス:那覇空港から車で約30分
住所:沖縄県南城市玉城前川1336
TEL:098-949-7421
営業時間:9:00〜18:00(最終受付17:00)
料金:フリーパス券(入園券&ハブ博物公園)大人1,700円、小人(15歳未満)850円

那覇国際通り商店街

言わずと知れた沖縄・那覇のメインストリート「那覇国際通り商店街」、通称「国際通り」。沖縄県庁の近くに位置し、グルメ、雑貨、サービス、お土産店など約600のショップがひしめきあう国際通りは常に活気に満ちあふれています。ここでは定番のお土産品はもちろん、沖縄らしいグッズや特産品が揃うので、ほとんどの観光客が立ち寄る観光スポットといわれています。

国際通りでは沖縄文化を感じる様々なイベントが開催されます。8月には「一万人のエイサー踊り隊」という県内最大級のエイサーのお祭りが行われ、1,000人の踊り手によるパフォーマンスが国際通りを埋め尽くします。また、毎週日曜日には12:00〜18:00限定でトランジットモールを開催。約1.3kmに及ぶ区間が歩行者天国となり、通り内ではオープンカフェやストリートパフォーマンスが行われます。車の通行を気にすることなく気ままにショッピングを楽しむことができます。

国際通りから徒歩圏にある第一牧志公設市場(※)では、色鮮やかな沖縄近海の魚、豚の足や頭など、沖縄の食文化に欠かせない食材が手に入ります。食堂では市場で購入した食材をその場で調理してくれるので、新鮮な沖縄料理を堪能できますよ。国際通りに訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてください。

国際通りにはコインロッカーの施設も充実しています。身軽で沖縄の魅力がぎゅっと詰まったショッピングストリートを散策しましょう。

※市場移転に伴い、2022年3月まで仮設市場での営業となっています。

【那覇国際通り商店街の基本情報】
アクセス:那覇空港から車で約15分
住所:沖縄県那覇市牧志3-2-10 ぶんかテンブス館3階(那覇市国際通り商店街振興組合連合会)
TEL:098-863-2755
営業時間:店舗により異なる

瀬長島(せながしま)ウミカジテラス

那覇空港から一番近い離島である瀬長島は、島の周囲が1.8kmほどの小さな島です。瀬長島ウミカジテラスは2015年の夏、瀬長島に誕生しました。沖縄産の果物・野菜メニューを中心にしたグルメやスイーツショップはもちろん、ジュエリーやクラフトショップなど約47もの店舗が立ち並ぶ沖縄の新しいアイランドリゾートです。

ほか海から小高い丘に向けて広がる傾斜地をそのまま利用した敷地には穏やかな海風(ウミカジ)が吹き抜け、真っ白な外観で統一された建物と、真っ青な空と海はコントラスト鮮やか。海外をイメージしたとされる街並みはまるでヨーロッパに来たかのようなリゾート気分を味わうことができます。夕方には海に沈む美しいサンセットが眺め、夜には建物がライトアップされるので、移ろう景色を楽しみながら、広場でゆったりくつろぐのもおすすめです。

瀬長島ウミカジテラスには、グルメやショップ以外にも、癒しスポットがあるのも魅力のひとつ。旅行の最終日に訪れて、天然温泉の源泉足湯などリゾート空間で心も体もリラックスしてから空港に向かうのも良いでしょう。最後まで沖縄のリゾート感を満喫しましょう。

【瀬長島ウミカジテラスの基本情報】
アクセス:那覇空港から車で約15分
住所:沖縄県豊見城市瀬長174-6
TEL:098-851-7446(一般社団法人 瀬長島ツーリズム協会)
営業時間:10:00〜22:00(店舗により異なる)

まとめ

沖縄には自然を感じるビーチや定番のテーマパークなど、人気の観光スポットがたくさんあります。短い時間でも効率良く回ればビーチもグルメもショッピングもすべて満喫できますよ。日常から離れたリゾート地でぜいたくな時間を過ごしましょう。

※2020年3月時点の情報です。内容は変更になることがあります。

<あわせて読みたい おすすめ記事>

この記事が気に入ったらシェアしよう!

関連記事