赤ちゃんと楽しむ沖縄旅行【0〜2歳児】に優しい観光地&ホテル

ニライビーチ

赤ちゃんを連れての沖縄旅行に、楽しみだけどやっぱり不安な気持ちもまだ多い…。安心してください! 沖縄では赤ちゃんとご家族に優しい、観光スポットやホテルが数多くあります。赤ちゃん向けのサービスが完備されたホテルなど、まとめてご紹介します!

赤ちゃん連れでも安心で、大人も楽しめる観光地

授乳やおむつ替えのスポット、ベビーカーの貸し出しなど、赤ちゃん連れの旅行は、気になるポイントがたくさん浮かびます。赤ちゃん連れにも安心の設備が整った、ママ・パパも行って楽しい沖縄の観光スポットをご紹介します。

沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館『海洋博公園内』

沖縄美ら海水族館 黒潮の海
写真提供:国営沖縄記念公園(海洋博公園):沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館は海洋博公園内にある、定番スポット。サンゴ礁に生息する生き物を実際にタッチできるコーナーなど、お子様向けのプログラムも多数用意されています。海洋博公園内のオキちゃん劇場では、海をバックに、ダイナミックなジャンプやユーモラスなダンスを繰り広げる「イルカショー」も鑑賞できます。公園内・水族館内ではベビーカーを無料で借りられます。(※数に限りあり、予約不可)

また、公園の各施設にベビーシートが設置されたトイレや、授乳室も完備されているので安心です。東京ドーム約15個分の広さを誇る公園内は、電気遊覧車での移動が便利でおすすめです。

沖縄美ら海水族館の基本情報

アクセス:那覇空港から車で約2時間(高速道路利用)
     バスで約2時間30分(乗り換えなし高速バス利用)
住所:沖縄県国頭郡本部町石川424(海洋博公園内)
TEL:0980-48-3748
営業時間:通常期(10〜2月)8:30〜18:30(最終入館17:30)
     夏期(3〜9月)8:30〜20:00(最終入館19:00)
休園日:12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
料金:大人1,880円、中人(高校生)1,250円、小人(小・中学生)620円、6歳未満 無料

海洋博公園の基本情報】 アクセス:那覇空港より車で約2時間(高速道路利用)
     バスで約2時間30分(乗り換えなし高速バス利用)
住所:沖縄県国頭郡本部町石川424
TEL:0980-48-2741
営業時間:通常期(10〜2月)8:00〜18:00、
     夏期(3〜9月)8:00〜19:30
     ※ただし各施設により異なる
休園日:12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
料金:各施設により異なる

おきなわワールド

おきなわワールドの玉泉洞(ぎょくせんどう)

沖縄をまるごと体感できる観光テーマパーク、おきなわワールド。大鍾乳洞・玉泉洞やハブのショーが人気のハブ博物公園など広い園内には見所がたくさんあります。園内にはオムツ替えスペースや授乳室も設けられ、ベビーカーの貸出(300円)も行っているため、赤ちゃん連れでも安心です。沖縄食材にこだわったレストラン「健食バイキング ちゅら島」では、キッズルームやお座敷も完備。琉球写真館では、伝統衣装である琉装を着て記念撮影が楽しめます。小さいサイズも用意されているので、沖縄旅行の記念におすすめです。

おきなわワールドの基本情報 アクセス:那覇空港から車で約30分
住所:沖縄県南城市玉城前川1336
TEL:098-949-7421
営業時間:9:00〜18:00(最終受付17:00)
料金:フリーパス券(入園券&ハブ博物公園)大人1,700円、小人(15歳未満)850円

琉球村(りゅうきゅうむら)

琉球村の古民家

沖縄各地に残された民家を移築し、昔ながらの街並みが再現された琉球村。過去にタイムスリップしたかのような、のどかな風景に癒やされます。沖縄の伝統芸能が見られる沖縄風パレード「道ジュネー」には、たくさんの人が集まります。滑稽な獅子舞も登場し、最後にはカチャーシー(沖縄ではお祝いの席でよく踊られる伝統舞踏)でお子様と一緒に沖縄のリズムを体感しましょう。

文化財にも指定されている、古民家の中にも入ることができます。歩き疲れたときは、琉球の歴史を感じる畳の上でひと休み。施設内は道幅も広く、ベビーカーでも楽に移動ができます。おむつ交換スペース、授乳スペースも完備されています。沖縄の思い出作りに最適な琉球村で、1日過ごすのはいかがでしょうか。

琉球村の基本情報

アクセス:那覇空港から車で約1時間
住所:沖縄県国頭郡恩納村山田1130
TEL:098-965-1234
営業時間:9:00〜17:30(最終受付17:00)
休園日:無休
料金:大人(16才以上)1,500円、高校生1,200円、小人(小・中学生)600円

ビオスの丘

ビオスの丘

標高110mのなだらかな高原に沖縄本来の森や亜熱帯の自然を再現した自然植物園です。園内の大龍池(うふたちぐむい)では、船頭のコミカルなガイドが楽しい湖水観賞舟や貸しカヌーを体験できます。本島では珍しい水牛車に乗ることもでき、のんびり園内散策も。芝生が広がる草原では寝ござを借りることができます。ひと休みにお昼寝もでき、沖縄ならではのゆったりとした時間を堪能できます。アグー(島豚)やヤギなど沖縄にちなんだかわいい動物と触れ合えるスポットなど、赤ちゃんも一緒に夢中になれる施設が盛りだくさん。ベビーカーの貸し出しやおむつ替えのトイレなども完備されています。

ビオスの丘の基本情報

アクセス:那覇空港から車で約1時間15分、沖縄自動車道石川インター下車約15分
住所:沖縄県うるま市石川嘉手苅961-30
TEL:098-965-3400
営業時間:9:00〜18:00(最終入園17:00)
休園日:無休
料金:大人1,000円、子供(4歳〜小学生)500円

赤ちゃん連れに優しいサービスや設備があるホテル

赤ちゃん連れ旅行で、重要になるのはホテル選び。赤ちゃんOKのレストラン、赤ちゃんでも入れるプール……など、ポイントはたくさんあります。子連れ家族におすすめのホテルをエリアごとにご紹介します。

Fukugi Terrace【本部町】

FukugiTerrace【本部町】

沖縄美ら海水族館(海洋博公園)の近くに位置する、まるで隠れコテージのような癒しを与えてくれるリゾートホテル。ベビー用品が充実した赤ちゃん連れにも安心の客室が用意されています。うれしい戸建てタイプのコンドミニアムなので、自宅のようにリラックスした空間で、羽を伸ばして過ごせます。

洗濯機、乾燥機がお部屋に設置されているので、お洋服を汚してもすぐに洗濯が可能。ベッドには添い寝ができるように、セミダブルを2台用意されています。疲れたママにはタイ古式マッサージでご褒美タイムを(要予約)。南国の気持ちいい風を受けながら、ぜいたくな沖縄タイムを過ごしましょう。

ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ【本部町】

ホテル オリオン モトブ リゾート&スパのプール

沖縄美ら海水族館まで徒歩で約7分。エメラルドグリーンのビーチが目の前に広がる全室オーシャンビューのホテルです。伊江島を望む美しいサンセットは、忘れられない思い出になるでしょう。館内のビュッフェ形式のレストランとバーベキューが楽しめるレストランには、キッズメニューも用意されています。一部レストランでは離乳食も1品800円から用意が可能なので、相談してみましょう(1週間前までに要予約)。

子供用のアメニティを完備したキッズルームは、かわいいお魚仕様になっています。壁に描かれたジンベエザメやクマノミと一緒におやすみできます。また、耐水おむつを着用していれば、赤ちゃんでも一緒に楽しめるプールも完備されています。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート【恩納村】

ホテルオリオンモトブリゾート&スパ部屋イメージ

雄大な景観が魅力の万座毛を望む好立地で、家族で楽しめるアクティビティも充実しています。まさに沖縄旅行の理想を叶えるリゾートホテルです。海中の世界を探索できる半潜水艇「サブマリンJr.II」やキッズゾーン付きガーデンプール(利用には水遊び用おむつ着用が必要)など、親子で楽しめる施設が揃っています。

また、お子様に大人気のボーネルンドの遊具で遊べる「万座キッズプレイランド」も館内に設置。雨の日でも安心安全に遊べるのでうれしいポイントです。ベビーベッド、ベビーカーなどの赤ちゃん用品についてもレンタル可能です。沖縄らしい白い砂浜のビーチのそばで、家族で遊んで楽しく過ごしたい方におすすめのホテルです。

カヌチャベイホテル&ヴィラズ【名護】

カヌチャベイホテル&ヴィラズ部屋の一例

約80万坪もの広大な敷地を誇る大型リゾート「カヌチャリゾート」内のリゾートホテル。9つの宿泊施設や、3つのプール(キッズ用あり)、ゴルフコース、レストラン、スパなどが点在し、まるでひとつの街のよう。客室はすべて約50㎡以上の広さ! 都会では味わえない海や山に囲まれた自然が魅力です。

さらに赤ちゃん連れの家族に優しいサービスも充実。レストランでは、離乳食も用意してもらえます(要予約)。敷地内にあるコンビニには、紙おむつや粉ミルクが販売しているので、いつでも買い足すことができます。また、6か月〜6才までのお子様を預かってもらえる「託児サービス」も完備されています。ご夫婦でゆったりとした時間を過ごしたいときに利用してみては?

ロワジールホテル 那覇【那覇市】

ロワジールホテル 那覇イメージ

那覇空港から車・タクシーで約7分の場所に位置する好立地が魅力のリゾートホテル。那覇市内唯一の源泉掛け流し天然温泉で体の疲れを取ることもできます。赤ちゃん連れにやさしいサービスが充実していることに定評があり、部屋の中に絵本やおもちゃ、お昼寝布団に、温度調整付ポットなどなど、ベビーグッズが完備されたベビールームプランが用意されています。

また、人気の絵本を貸出しているキッズルームや、雨の日でも遊べる屋内プールも施設内に設けられています。レストランでは離乳食も無料で用意してもらえます(要予約)。至れり尽くせりなサービスなので、はじめての赤ちゃん連れの家族旅行にはぴったりです。

まとめ

沖縄には、赤ちゃん連れでも安心な観光スポットがたくさんあります。旅行の計画を立てるには、エリアを絞ってから、行きたいスポットと宿泊するホテルを選ぶのがおすすめです!
沖縄のゆったりとした時間を堪能しながら、赤ちゃんと楽しい思い出を作りましょう。

※2020年3月時点の情報です。内容は変更になることがあります。

<あわせて読みたい おすすめ記事>

この記事が気に入ったらシェアしよう!

関連記事