ハワイ(オアフ島)を満喫するホテル選び!タイプ別に厳選紹介!

朝焼のワイキキビーチ

旅の目的や予算に合わせた、おすすめホテルを厳選紹介!まさにハワイらしいワイキキビーチ沿いのリゾートホテルから、観光・ショッピングとアクティブな方にとくにおすすめのカジュアルホテル、暮らすように泊まれるコンドミニアムタイプのホテルなど、あなたにピッタリのホテルがきっと見つかります。

ワイキキビーチ沿い&ビーチまですぐのリゾートホテル

シェラトン・ワイキキ

シェラトン・ワイキキ外観イメージ
ホテル外観/イメージ

ワイキキビーチの中心に翼を広げたように建つ「シェラトン・ワイキキ」は、ファミリーやカップルに人気の1,636室を持つ大型リゾートホテルです。
ホテル自慢のプールは、子供から大人まで楽しめるウォータースライダーが人気の「ヘルモア・プレイグラウンド」の他、16歳以上が利用できる「インフィニティ・エッジ・プール」があり、目の前に広がるワイキキの海とまるで繋がっているかような感覚を楽しむことができます。 また、キッズルーム「ポピンズ・ケイキ・ハワイ」では、3ヶ月~12歳までのお子様を預けることができ、その間にスパでのんびりリラックスしたり、夫婦でゴルフやディナーを楽しんだりと、大人だけの有意義な時間を過ごすことができます。

シェラトン ・ワイキキホテル インフィニティ・エッジ・プールイメージ
インフィニティ・エッジ・プール/イメージ

2020年5月(予定)にかけてリニューアル中の客室は、オーシャンフロントからクラブラウンジ付きのお部屋、スイートルームまで様々なタイプがあります。室内はすっきりとしたデザインと落ち着いたインテリアで統一されており、一部を除きバスルームの窓を開閉できる、解放感あふれるリゾートらしい客室となっています。海だけでなく、街歩きやショッピングなどどこへ行くにも便利、日本語対応スタッフも常駐しているので、初心者でも安心して楽しむことができるホテルです。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート外観イメージ
ホテル外観/イメージ

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートはワイキキ屈指の広さを誇り、その広大な敷地内には誰もが一度はパンフレットや写真で目にしたことのある、虹の絵が壁に描かれている“レインボータワー”をはじめとするいくつものホテルタワーがあります。ABCストアからブランドショップまで揃うおよそ90ものショップ、多彩な味が楽しめる20のレストランやラウンジもあり、ホテルを一歩も出ることなく存分にハワイを満喫することのできる、その名の通り“ビレッジ”です。

ヒルトン ハワイアン ビレッジ ワイキキ ビーチ リゾート オーシャンビュー ツインイメージ
オーシャンビュー ツイン/イメージ

プールの規模はオアフ島No.1と言われており、ワイキキ最長23mのスライダーを含む4つのスライダーを楽しめるパラダイスプールや、ビーチフロントにありワイキキ最大級を誇るスーパープールなど5つのプールを楽しむことができます。

また、小さなお子様が安心して遊べるラグーンもあります。5歳から12歳までのお子様を対象にした「キャンプ・ペンギン」では、ゲーム、音楽、アート、クラフト、フラやレイメーキングなど、アクティビティを通して楽しみながらハワイを学べるプログラムが用意されています。そして、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジで忘れてはいけないのは、毎週金曜日の夜にビーチで打ち上げられる花火です。敷地内には花火を堪能できるスポットがたくさんあるので、お気に入りの場所を探してみてはいかがですか。5つのホテルタワーの中から、ご予算や目的に合わせてヒルトン・ハワイアン・ビレッジをお楽しみください。

ハイアット・リージェンシー・ワイキキ・ビーチ・リゾート&スパ

ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート&スパ アトリウム ウォーターフォール
ウォーターフォール/イメージ

ハイアット・リージェンシー・ワイキキ・ビーチ・リゾート&スパは、カラカウア通り沿いに建つ、ワイキキのランドマーク的存在のツインタワーで、広々とした1,230の全ての客室にプライベートラナイを備える贅沢なリゾートホテルです。全室に洗浄機能付きトイレを完備し、今まで以上に日本人旅行者に使い易いホテルとなっています。ビーチ沿いではないものの、カラカウア通りを渡ればすぐにワイキキビーチへ行くことができ、街歩きやショッピングにも便利な立地です。ホテル内の1階から3階にあるショッピングモールには、およそ60のショップが並びショッピングを十分楽しむこともできます。

また、火曜日と木曜日の夕方にはファーマーズマーケットが開催され、金曜日の夕方には「アロハ フライデー」としてハワイアンミュージックのライブパフォーマンスやファイヤーナイフダンス、フラのレッスンなど、ハワイの文化を間近に体験することができます。

ナホオラスパ リラクゼーションエリアイメージ
「ナホオラ・スパ」リラクゼーションエリア/イメージ

5階にある「ナホオラ・スパ」では、ハワイの伝統的なロミロミマッサージをはじめとする様々なトリートメントが受けられ、日頃の疲れを癒す至福の時間を味わえます。

せっかくのハワイだから海が見えるお部屋を希望する方も多いと思いますが、ハイアット・リージェンシー・ワイキキ・ビーチ・リゾート&スパの場合、マウンテンビューも高層階なら夜景がとっても綺麗に見えるため、昼間は外でハワイを満喫!という方におすすめです。

モアナ サーフライダー ウェスティンリゾート&スパ

モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート & スパ ホテル外観イメージ
ホテル外観/イメージ

1901年、ワイキキビーチで初めてオープンした老舗リゾートホテルは、「ワイキキのファーストレディ」と呼ばれ、高層ホテルが建ち並ぶカラカウア通りの中心で、ひときわ目を引く気品あふれるヴィクトリア調の白亜の宮殿のような外観とストレッチリムジンの似合うエントランスが存在感を放ち、100年以上経った今でもその美しさは守られています。歴史と伝統が漂う館内は、どこを切り取っても絵になり、カメラのシャッターを切らずにはいられないでしょう。

ビーチに面した中庭には、樹齢100年以上の有名なバニヤンツリーがあります。1918年にモアナ サーフライダーからスタートしたと言われる人気のアフタヌーンティーは、この中庭に面した「ザ・ベランダ」で楽しむことができます。バニヤンツリーを囲むように建つバニヤンウイングを中心にダイヤモンドヘッドウイング、タワーウイングがあり、旅の目的や予算に合わせて部屋タイプを選ぶことができます。

モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート & スパ ベランダイメージ
「ザ・ベランダ」/イメージ

そして、中でも一度は泊まってみたいと言われるのが、タワーウイングの“オーシャンフロント・スイート・96”シリーズという名の、お部屋からダイヤモンドヘッドが眺められ、リビングにもベッドルームにもラナイが設けられたコーナースイートルームです。“96”というのは部屋番号の下二桁で、パッケージツアーでも指定ができるほど知られている客室です。

2階にあるワイキキで初のオーシャンフロントスパとしてオープンした「モアナ ラニ スパ」では、すぐそばに海を感じながらハワイ伝統のロミロミマッサージをはじめとする、スパトリートメントを受けることができます。モアナ サーフライダーで日常を忘れて優雅なひと時を過ごしてみてはいかがですか。

マイラニ・タワー・ザ・ロイヤル・ハワイアン, ラグジュアリー・コレクション・リゾート

マイラニ・タワー・ザ・ロイヤル・ハワイアン,ラグジュアリー・コレクション・リゾート ロビーラウンジイメージ
ロビーラウンジ/イメージ

ピンク色の外観で知られるロイヤル・ハワイアンは、1927年の創業以来、「太平洋のピンクパレス」と呼ばれ、ワイキキビーチに彩りを与え存在感を放つ、伝統と格式ある老舗リゾートホテルです。
本館(ヒストリックビルディング)の客室は、クラシカルな内装と洗練された調度品でまとめられており、タワーウイングは2015年に「マイラニ・タワー」としてリニューアルオープンし、モダンなインテリアで統一された全客室からワイキキビーチを眺めることができます。

マイラニ・タワー・ザ・ロイヤル・ハワイアン,ラグジュアリー・コレクション・リゾート 客室イメージ
マイラニ・タワー・プレミア・オーシャン/イメージ

さらに、マイラニ・タワー宿泊者専用の「マイラニ・ラウンジ」では、海から吹く風を感じながら、コンチネンタル朝食やドリンクのサービスなどが受けられ、贅沢な時間を味わえます。シェラトン・ワイキキとの間にある、ウォータースライダーが人気の「ヘルモア・プレイグラウンド」では、シェラトン・ワイキキとロイヤル・ハワイアンの宿泊者専用のため、子供から大人まで存分に楽しむことができます。

また、ハリウッドスターや著名人が常連とも言われる、カクテル「マイタイ」発祥の歴史ある「マイタイ・バー」では、オープン当初から変わらないレシピの伝統的な「ロイヤル・マイタイ」を、ダイヤモンドヘッドやワイキキビーチを眺めながらロマンチックな雰囲気の中お楽しみいただけます。

アロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチ

アロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチ オー・バー
「O Bar(オー・バー)」 /イメージ

カラカウア通り沿いに建つアロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチは、2017年10月に旧パシフィック・ビーチホテルから、ハワイの伝統文化が感じられる優雅なリゾートホテルとして生まれ変わりました。開放的なロビーにあるオーシャナリウムでは、28万ガロンもの水の中でのんびり暮らす南国の海洋生物を眺めることができます。

ホテルの5階には、広々としたデッキに海水を利用したインフィニティ・プールと温水ジャグジーがあり、美しいワイキキビーチを思う存分堪能することができます。ビーチサイドのモダンなインテリアでまとめられた全客室には、 洗浄機能付きトイレが完備され快適に過ごすことができます。

館内には、世界的に名高い“料理の鉄人”シェフ森本の味が楽しめるレストラン「MORIMOTO ASIA」や麺料理や、居酒屋メニューが気軽に楽しめる森本氏監修のカジュアルレストラン「MOMOSAN」があり、ロビーにある「O Bar(オー・バー)」では、オーシャナリウムの魚たちを眺めながらカクテルや地元食材を使った料理を楽しむことができます。

ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

ワイキキ ビーチ マリオット リゾート & スパ ホテル外観
ホテル外観/イメージ

ワイキキの東側にあるワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパは、カラカウア通りを挟んで目の前がワイキキビーチという好立地で、カピオラニ公園やホノルル動物園へも徒歩圏内で行ける大型リゾートホテルです。すっきりと清潔感のある客室には、ワイキキのホテルには珍しい独立したベッド4台が備えられたファミリールームタイプがあり、添い寝のお子様を含めて最大6名まで宿泊することができます。

フロントデスクの横には、日本語対応スタッフのいるサービスデスク(7:30~19:00)があり、安心して滞在を楽しむことができます。ケアロヒラニタワー1階では、無料カルチャー・アクティビティとして、毎日、日替わりでレイメーキングやフラレッスンなどハワイの文化を楽しく体験することができます。

アランチーノ・ディ・マーレ・テラスイメージ
「アランチーノ・ディ・マーレ」テラス/イメージ

ホテル内には大人気のイタリアンレストラン「アランチーノ・ディ・マーレ」をはじめ、ステーキやシーフード料理など、多彩な料理が楽しめる数々のレストランがあります。

ハワイの名門ホテル

ハレクラニ

ハレクラニ ホテル外観イメージ
ホテル外観/イメージ

ハワイ語で「天国にふさわしい館」という意味のハレクラニは、その名の通り、ホテルに一歩足を踏み入れれば、ワイキキの中心にありながらもその喧騒を忘れるかのようなゆったりとした空間で、名門ホテルならではのホスピタリティあふれるきめ細やかで上質なサービスを受けることができるワイキキ屈指のホテルです。

2階にある「ホスピタリティ スイート」は、チェックイン前に到着したゲストやチェックイン後の出発までに時間のある全ゲストが利用できるシャワールームやロッカールーム、インターネットなどを備えた休憩エリアとなっており、チェックインや出発までの時間をゆったりと過ごすことができます。

客室は、スタンダードルームでもバルコニーを含んで48㎡の広さがあり、白を基調とした清潔感のある落ち着いた室内と、ガラス張りのシャワーブースと深めのバスタブがある広々としたバスルームで、ゆっくりと一日の疲れを取ることができます。

ハレクラニ ロイヤルスイート イメージ
ロイヤルスイート/イメージ

ホテル内のレストランは数々の賞を受賞しており、全米でも最高ランクの格付けを持つ高級フレンチレストランの「ラ・メール」やそよ風を感じながらハワイの新鮮な食材を使った料理が楽しめる「オーキッズ」などがあり、オープンエアの「ハウス・ウィズアウト・ア・キー」では、夕日が沈むころ、海をバックに樹齢100年を超える樹の下で、ハワイアンミュージックと優美なフラを観賞できます。迫力あるファイヤーダンスも良いですが、カクテル片手にしっとりしたフラも優雅で良いですよね。ハレクラニでしかできない“大人のハワイ”を堪能してみてはいかがでしょうか。

カハラ地区のホテル

ザ・カハラ・ホテル&リゾート

ザ カハラ ホテル & リゾート ホテル外観
ホテル外観/イメージ

ザ・カハラ・ホテル&リゾートは、ワイキキから車でおよそ10分、閑静なカハラ地区にある世界中のセレブから愛される隠れ家的リゾートホテルです。ワイキキから少し離れたこのリゾートでは、ゆったりした贅沢な造りの客室ときめ細かなサービスで、優雅な時間を過ごすことができます。

チェックイン前やチェックアウト後に利用できる「ホスピタリティスイート」には、ドリンクや雑誌、新聞のサービスの他、個室にシャワー、仮眠用ベッドなどが完備されており、時間までゆったりと寛ぐことができます。

ザ カハラ ホテル & リゾート オーシャンビュールームイメージ
オーシャンビュールーム/イメージ

カハラの魅力の一つである、敷地内のラグーンでイルカと触れ合うことのできる「ドルフィン・クエスト」は、子供から大人まで大人気の体験プログラムとなっています。ホテル内のレストランには、パシフィック・リム料理を楽しめる「ホクズ」をはじめ、ワイキキで人気のイタリアン「アランチーノ・アット・ザ・カハラ」などがあり、多彩な食事を楽しむことができます。

街へショッピングに行きたい場合は、アラモアナ・センターやワイキキ、カハラモールまで宿泊者専用無料ショッピングシャトルを利用して、気軽に街歩きやショッピングにお出掛けいただけます。

プリンス ワイキキ

プリンス ワイキキ外観
ホテル外観/イメージ

アラワイヨットハーバーの目の前に建つプリンス ワイキキは、全室オーシャンフロントまたはオーシャンビューの日系リゾートホテルです。2017年春にリニューアルされた館内は、洗練されたデザインで、オーシャンビュールームを除く全ての客室のバスルームは、シャワーとバスタブが分かれており、洗浄機能付きトイレは全室に完備され、日本人旅行者にとってより快適になりました。

プリンス ワイキキ インフィニティープールイメージ
インフィニティープール/イメージ

5階にあるインフィニティ・プールからは、ハワイの海と美しいサンセットを堪能することができます。また、日本で人気の「活美登利寿司」海外進出1号店もあり、滞在中に和食が恋しくなっても、ホテル内で手軽に楽しむことができます。日本語対応スタッフも多く、気軽に旅の相談などができるので、安心して滞在することができるおすすめのホテルです。

観光・ショッピングに便利なカジュアルホテル

シェラトン・プリンセス・カイウラニ

シェラトン・プリンセス・カイウラニ ホテルエントランスイメージ
ホテルエントランス/イメージ

シェラトン・プリンセス・カイウラニは、人々から愛されていた王女「プリンセス・カイウラニ」がかつて住んでいたハワイ王室の領地に建つ伝統を誇るホテルです。 ワイキキの中心部にあるため、ビーチやお買い物に行くにも大変便利な立地です。快適性を重視した客室は、落ち着いた雰囲気のインテリアで統一されています。

ホテル内のプールサイドでは、毎晩日替わりでハワイアン・バンドのライブ演奏などを開催しており、ハワイらしい夜を楽しむことができます。宿泊者対象に無料でフラワーレイ・メイキングや大人&お子様向けフラレッスンやウクレレレッスンなど、ハワイの文化を楽しむことができるファミリーにもおすすめのホテルです。

ワイキキ・ビーチコマー by アウトリガー

ワイキキ・ビーチコマー by アウトリガー デラックス・オーシャンビューイメージ
デラックス・オーシャンビュー/イメージ

カラカウア通り沿いの絶好のロケーションに建つワイキキ・ビーチコマー by アウトリガーは、2019年春に全館リニューアル工事が終了し、ハワイアン・ポップカルチャーのアーティストによる作品などにより、スタイリッシュなリゾートホテルに生まれ変わりました。

ハワイのビーチをイメージさせる爽やかな客室では、ハワイアンテイストのルームウエアやアメニティでより快適で楽しい滞在ができることでしょう。ブルーを基調としたプールにはジャグジーもあり、のんびりと過ごすことができます。ワイキキビーチはもちろん、インターナショナル・マーケット・プレイスやロイヤル・ハワイアン・センターへもすぐに行ける、アクティブ派におすすめのホテルです。

ハイアット・プレイス・ワイキキ・ビーチ

ハイアット プレイス ワイキキ ビーチ外観
ホテル外観/イメージ

ワイキキの東側、クヒオ通り沿いに建つ ハイアット・プレイス・ワイキキ・ビーチは、ハイアットブランドのカジュアルホテルです。広めの客室にはソファーベッドが備えられており、ゆったりと滞在することができます。ワイキキビーチにも近く、カピオラニ公園やホノルル動物園へも徒歩圏内で気軽に楽しむことができます。

アラモアナ・ホテル・バイ・マントラ

アラモアナ・ホテル・バイ・マントラ外観
ホテル外観/イメージ

アラモアナ・ホテル・バイ・マントラは、ハワイ最大のショッピングモールであるアラモアナ・センターに直結した便利な立地にあり、ウォールアートで話題のカカアコ地区も近くにあります。ショッピングだけでなく、アラモアナ・ビーチパークにも近いため、ワイキキビーチよりも地元の人々が多く、よりローカル気分を味わうことができるでしょう。

レジデンスタイプのホテル

トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ

トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ外観
ホテル外観/イメージ

トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキは、ワイキキ・ビーチ・ウォーク沿いに建つレジデンススタイルのラグジュアリーホテルです。広々とした贅沢な造りの客室は、全室キッチンまたはキチネット付きで、憧れのハワイに暮らすような感覚で滞在することができ、部屋タイプは3ベッドルームまであるため、2世代、3世代旅行にもおすすめです。

トランプ・ホテルズ独自のサービス「トランプ・アタシェイ」は、コンシェルジュがありとあらゆる要望にお応えする究極のホスピタリティを体験することができます。海が一望できるレストランやインフィニティ・プールなどハワイの雰囲気を存分に堪能できます。ファミリー向けサービスも充実しているため、お子様の年齢にあったアメニティが用意されるなど、快適に過ごすことができます。

エンバシー・スイーツ・バイ・ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ウォーク

エンバシー・スイーツ・バイ・ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ウォーク外観
ホテル外観/イメージ

エンバシー・スイーツ・バイ・ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ウォークは、ワイキキ・ビーチ・ウォークに隣接するホテルで、全室スイートルーム仕様の客室には、ウェットバー(ミニシンク)とミニ冷蔵庫、電子レンジなどが完備されているため、ファミリーやグループで快適に過ごすことができます。

エンバシー・スイーツ・バイ・ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ウォーク キチネットイメージ
キチネット/イメージ

4階にある「グランド・ラナイ」では、朝はビュッフェ朝食の無料サービス、夕方からはライブ演奏を聴きながらアルコールを含むドリンクとスナックが無料で楽しめる「プールサイド・レセプション」があり、毎週月・水・金曜日の早朝にはプールサイドで無料のヨガレッスンを受けられるなど、宿泊者にとってうれしいサービスがたくさん用意されています。ビーチにもアクセスしやすく、街歩きやショッピングにも便利なホテルです。

コンドミニアムタイプのホテル

アストン・ワイキキ・ビーチタワー

アストン ワイキキ ビーチタワー リビングルーム 25階以上オーシャンフロント
25階以上オーシャンフロント リビングルーム /イメージ

ワイキキビーチの向かいに建つアストン・ワイキキ・ビーチ・タワーは、ワイキキを代表する高級コンドミニアムです。全ての客室からワイキキの海を眺めることができ、フルサイズのキッチン、洗濯機、乾燥機などの設備が揃えられ、各階のユニット数は4戸のみと贅沢な造りになっています。エレベーターは1フロアあたり2戸で1台利用でき、ワイキキの街中にいながら静かな環境で快適に滞在することができます。

4階のレクレーションデッキにはプールの他にジャクジーもあり、のんびり楽しむことができます。また、ワインとチーズのテイスティングやフラレッスン、ウクレレレッスンなど、無料で体験できるプログラムも用意されています。

アストン・アット・ザ・ワイキキ・バニアン

アストン アット ザ ワイキキ バニアン フルキッチンイメージ
フルキッチン/イメージ

アストン・アット・ザ・ワイキキ・バニアンは、クヒオ通りの東側に建ち、カピオラニ公園やホノルル動物園にも近く、リーズナブルに滞在できるので、ファミリーやグループに人気のコンドミニアムです。

6階にあるレクリエーションデッキには、温水プールとジャクジーが2か所、サウナ、テニスコートにバスケットボールコートの他、バーベキューグリルやピクニックエリアなどがあり、ビーチやショッピングに飽きても存分に楽しむことができます。

アストン・ワイキキ・サンセット

アストン ワイキキ サンセット リビングルームイメージ
リビングルーム/イメージ

ワイキキ・バニアンの向かいに建つアストン・ワイキキ・サンセットは、1ベッドルームと2ベッドルームを持つコンドミニアムで、ファミリーやグループに合わせて部屋タイプを選ぶことができます。レクリエーションデッキには温水プールやバーベキューステーションがあり、ホスピタリティラウンジも備えています。ワイキキビーチへはもちろん、カピオラニ公園やホノルル動物園へも徒歩圏内で行けるので、色んなワイキキの楽しみ方ができます。

まとめ

ワイキキビーチ周辺だけでも、様々なタイプのホテルやコンドミニアムがたくさんあり、予算や旅の目的に合わせて選ぶことができます。例えば、「部屋からの眺めはダイヤモンドヘッドと海が一緒に見えないと!」という方は、“ダイヤモンドヘッドが見えるオーシャンビュー”の部屋タイプがあるワイキキビーチ沿いのホテルを。「ベランダから少しだけ海が見えればOK」の方は、少しお得なカラカウア通り沿いのホテルの“パーシャルオーシャンビュー”ルームを。

「朝早くから日が暮れるまでオプションや街歩きでホテルにはいないから、部屋からの眺めは重視しない。その分オプショナルツアーやショッピング、美味しい物ものにお金を使いたい!」、「とにかく立地重視!」の方などには、ワイキキ中心部の便利なカジュアルホテルが良いのではないでしょうか。

カップルや女性同士、ファミリーなど、同行者によっても違ってきますが、立地や眺望の他、ホテルからのサービスなども確認しながら、数ある中からぴったりのホテルを見つけましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

関連記事